スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
芥川賞の作家が色々すごすぎた。
2012-01-18 Wed 23:59
第146回芥川賞に選ばれた田中慎弥氏の受賞コメントが話題になりました。

でも作家が人格者である必要は全くないワケで。
書くものが良ければ良いんじゃない?

なんかネットとか職場の会話聞いてると
生意気だ見たいなこといってるやつがいましたが。

勘違いも甚だしい。

作家は書いたものが全て。

駄文書きの人格者より
性格破綻者であっても良文を残せばええねん。

そもそも選んでる石原慎太郎だって
政治家なんかやってるけど、結構アレなひとじゃないのさ。

今は老害呼ばわりされてるし実際そうだとも思うけど
作家としては一つの時代を作ったひとなんだよね。
別窓 | ただの日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<陰陽師は神様の夢を見るか? | 愚者の楽園 | ぷちいそがしい>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 愚者の楽園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。